スポンサードリンク

奨学金を借りて大学院修士課程に行くことはいいことか?―個人的意見

大学院に進学した場合、奨学金の利用幅が広がります。

特に第一種奨学金が学部生のときと比べて、比較的借りやすくなります。

学部生のときは両親に学費を払ってもらったり、仕送りをしてもらった人でも、大学院に進学する場合は自分ですべて賄うと考えている人もいると思います。

しかし、奨学金を借りて大学院に進学する場合、学部生よりも借り入れ額が大きくなります。

また、大学院に入ったことで、修士課程を2年で終えたとしても、働く時期が遅くなることになります。

そもそも本当に奨学金を借りてまで大学院に行く価値があるのか、管理人の個人的な考えを述べてみたいと思います。

管理人のケース

管理人も大学院に進学した口です。そのまま内部進学しました。

学部生のときには両親に学費や生活費を援助してもらいましたが、大学院に進学したいなら自分ですべてを賄うという約束だったので、奨学金を借りることにしました。

その結果、400万円近い奨学金を借りることに。

50万円ほど返したので、残り350万円です。

まぁ、奨学金を借りてたことについて後悔しているのかと言われれば、やっぱり後悔しています(笑)

学費はアルバイトで貯めたお金を充てたのですが、奨学金はすべて生活費に消えました。大学院を修了したときの銀行口座の残高は15万円ほど。これで初任給が出るまで凌ぎました。

もう少し上手にやりくりできなかったのか?という後悔

管理人の場合、奨学金はすべて生活費に消えました。

先に書いた通り、アルバイトで稼いだお金はすべて学費に使っています。

アルバイトをもう少し増やしたかったのですが、大学院とはいえ、30単位の取得が必要なので、ある程度は授業に出ないといけません。

それに、修士論文は2年かけてしっかり準備して書くという方針の研究室だったので、こちらにもかなり時間を取られます。

おまけに、博士課程に進学するのでなければ、就職活動もあります。

2年間でかなり過密スケジュールになるので、なかなかアルバイトを増やすことはできませんでした。

就職活動や研究に必要な書籍の購入などにもお金がかかりますしね。

それでも、もう少し家賃の安い場所に引っ越すととか、本は本当に必要なものだけを中古で購入するとか、もう少し節約の工夫はできなかったのかという後悔はあります。

頑張れば、修士課程を終えたときにもう20~30万円くらいは残せたんじゃないかと。

大学院には行って良かった...と思えるのはこれから稼げたらの話

それでは大学院に行ってよかったのか?という話ですが、どちらかと言えば行って良かったとは思っています。

最初の就職は大学院で学んだ分野と関連していましたし、一応キャリアにはいかせたと思います。

まぁ、結局ブラック企業で2年と持たずに辞めてしまいましたが(笑)

個人的に思うのは、物やサービスはお金を出せばすぐに手に入るのですが、教育はお金があってもすぐには手に入らないということです。

例えば、お金持ちになったとして、高級マンションや高級車はお金を出せばすぐに買うことができますが、修士号は大学院に所属して2年間は勉強しなければ手に入れられません。

まぁ、お金があるということは時間も買えるということなので、貧乏学生よりも圧倒的に有利に研究に打ち込めると思いますが...。

それでもすぐには手に入りませんよね。

学問に興味があり、修士号を取りたい場合、2年間の研究を若い内に済ませておけば、中年以降に時間を割かなくていいというメリットはあります。

大人になってから修士課程に入って研究するのはなかなか大変ですからね。

結論

結論から言えまでば、奨学金を借りてまで大学院に行く価値があるかどうかは、個々人の状況によります。

個人的な意見としては、学問に興味があるのであれば修士課程に進むのも悪くないとは思いますが、可能な限り奨学金には頼らない方法で学生生活を送るのがいちばんだと思います。

大学院では奨学金が借りやすくなるため、気がつけば300万、400万、あるいはそれ以上とあっという間に借金が積み重なります。